とことんDevOps | 日本仮想化技術のDevOps技術情報メディア

DevOpsに関連する技術情報を幅広く提供していきます。

日本仮想化技術がお届けする「とことんDevOps」では、DevOpsに関する技術情報や、日々のDevOps業務の中での検証結果、TipsなどDevOpsのお役立ち情報をお届けします。
主なテーマ: DevOps、CI/CD、コンテナ開発、IaCなど

開催予定の勉強会

読者登録と各種SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

gitignoreをジェネレート

Gitを使用しているとリポジトリに含めたくないファイルがでてきますよね。その都度.gitignoreに追加していけばいいんですが、知らず知らずのうちにファイルが出来上がってて、気づかないままgit add --allなんてしてしまったら……(--allするなという説もある)。そこで今回は使用してる開発言語や環境に必要なgitignoreを生成する方法をご紹介します。

github/gitignore

github.com

GitHubの公式リポジトリにそれぞれの開発言語や環境ごとのgitignoreが用意されています。

例えばmacOSでVSCodeを使ってGo言語の開発をする場合は以下のリンクから.gitignoreにコピペします。

LinuxでEmacsを使ってTerraformのコードを書く時は以下をコピペ

gibo

github.com

GitHubが用意してくれているgitignoreをCLIから取得できるツールです。READMEの#installationに従ってインストールします。

使い方は簡単で、gibo dumpするだけです。例えば上でやった手動のコピペの例だと

gibo dump macOS VisualStudioCode Go > .gitignore

gibo dump Linux Emacs Terraform > .gitignore

などで生成できます。dumpの後ろは順番関係なく、スペース区切りでいくつでも指定可能です。補完ファイルも入っているのでTabで選択できるようになっていると思います。

giboは初回、github/gitignoreを~/.gitignore-boilerplatesにクローンします。自動でpullされるわけではないので適度にgibo updateを実行してください。