とことんDevOps | 日本仮想化技術のDevOps技術情報メディア

DevOpsに関連する技術情報を幅広く提供していきます。

日本仮想化技術がお届けする「とことんDevOps」では、DevOpsに関する技術情報や、日々のDevOps業務の中での検証結果、TipsなどDevOpsのお役立ち情報をお届けします。
主なテーマ: DevOps、CI/CD、コンテナ開発、IaCなど
読者登録と各種SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

Pythonモジュール管理の新たな道具:pipxを使ってみた

Pythonには色々な便利なモジュールが存在します。中には単体で動くCLIツールなどもあったりします。 pipxは、Pythonで書かれたエンドユーザーアプリケーションのインストールと実行に役立つツールです。 macOSのbrew、JavaScriptのnpx、Linuxのaptやdnfに似…

Debian/Ubuntu以外でLinuxでRosettaを使う

サーバークライアント環境を構築したかったので、クライアントはmacOS上にUTM.appを使って仮想マシンで用意しました。 インストールも終わっていざクライアント環境にCLIをインストールしようとしたときにハッと気がつきました。 ARM64に対応するクライアン…

OpenShiftのOperatorを利用してArgo CDを導入する

OpenShiftにはOperatorという仕組みがあり、デフォルトで導入されています。これにより、コンテナベースで様々なアプリケーションサービスを簡単に導入できます。今回はそのOperatorを使って、GitOpsツールの一つであるArgo CDを導入してみました。 Argo CD…

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)に無料トライアル版でデビューしてみた

恥ずかしながら、これまでRHELを触ったことがありませんでした。Amazon LinuxやCentOSは過去の業務で使用していました。プラベートではDebian、Ubuntu、Arch Linuxなどを触っていたりするのでLinuxに触れない日はないものの、RHELには縁がなく・・・。たまた…

Podmanイン・アクションは、Docker経験者向けのPodman入門書として最適だった

Podmanとは、Dockerと互換性のあるコンテナ実行環境です。Red Hatが開発していることもあり、現在のRHELではDockerのかわりに利用されています。Podmanに対する筆者の理解は 基本的にはDockerと同じことができる デーモンレスでセキュアらしい Red Hatの色が…

RHEL 9.4のPodman 4.9でヒアドキュメントが使えるようになったらしいので試してみた

標題通り、2024年5月1日にリリースされたばかりのRedHat Enterprise Linux (以下RHEL)9.4のPodman 4.9でヒアドキュメントが使えるようになったらしいので、早速試してみました。 RHEL 9.4でと書きましたが、今後リリースされるであろうRHELクローンディス…

月刊VS Code通信(2024/05月号)

こんにちは。 5月に入りましたね。夏日と言われる25℃以上の日があったり、場所によってはまだ雪という地域もあったりと寒暖差に振り回される日々で体調管理がより求められますね。今回は、GW中に新しいバージョンがリリースされたので、リリースノートを眺め…

月刊DevOpsニュース 2024年4月号

2024年度が始まりました。4月は何かと慌ただしい時期でしたね。今年は長い人で10連休と言われるGWでしたが、リフレッシュできたでしょうか。 今年度から担当が変わり、石本が担当させていただきます。 さて今月のニュースですが、障害者差別解消法が4月に施…

イベントレポート 第21回とことんDevOps勉強会「今さら聞けないDocker入門 〜Dockerfileのベストプラクティス編」

今回のとことんDevOps勉強会は「今さら聞けないDocker入門 〜Dockerfileのベストプラクティス編」と題して、日本仮想化技術の水野が、Dockerの基本とDockerfileのベストプラクティスについて紹介しました。 Dockerは、コンテナ化技術を提供するプラットフォ…

はじめてのCDK

AWS CDK使ってますか?私はつい最近はじめたばかりです。IaCといえばTerraformや、そのフォークであるOpenTofu、Ansibleなどがメジャーだと思うんですが、AWS CDKもなかなかよかったのでご紹介します。 AWS CDK aws.amazon.com AWS CDKはAWSをプロビジョニン…

Rancher Desktop 1.13を触ってみる

Rancher Desktop 1.13.1がリリースされていたので、早速触ってみました。 このブログでは久々に取り上げましたが、Rancher Desktopは直近のリリースで様々なアップデートが行われました。 私が気になった機能をピックアップすると、こんな感じです。 1.13 We…

TerraformでGitHubをプロビジョニング

最近Terraformでなんでもできるぜーひゃっはーっと調子に乗っていたんですが、GitHubでリポジトリ作ったりなんかはコンソールからポチポチでした。お恥ずかしい・・・。ということでGitHubのリポジトリ作ったりする部分をコード化していきます。 GitHub Prov…

月刊VS Code通信(2024/04月号)

こんにちは。 4月に入り新年度が始まりましたね。転職や就職、異動などで環境が大きく変わった方も多いのではないでしょうか。 環境の変化でこれからVS Codeを使い始めたい人や使う必要が出てきた人向けに役立つ情報を発信できるように気持ち新たに頑張ろう…

Playwrightで権限が異なるアカウントを使い分ける方法

こんにちは。 最近は、Playwrightを使ってE2Eテストを積極的に書いているので、実装している中で詰まったことや備忘録的なことをあれこれ書いています。 今回は、Webアプリを作る際に権限が異なるアカウントごとにそれぞれテストしたいことがありました。実…

月刊DevOpsニュース 2024年3月号

2023年度も3月で終わり、4月からは新しい年度となる企業も日本では多いかと思います。学生のみなさんも進級、進学があったり、新社会人として就職した方も多いかと思います。この月刊 DevOpsニュースも2022年5月号から私が担当してきましたが、来月からは石…