とことんDevOps | 日本仮想化技術のDevOps技術情報メディア

DevOpsに関連する技術情報を幅広く提供していきます。

日本仮想化技術がお届けする「とことんDevOps」では、DevOpsに関する技術情報や、日々のDevOps業務の中での検証結果、TipsなどDevOpsのお役立ち情報をお届けします。
主なテーマ: DevOps、CI/CD、コンテナ開発、IaCなど

開催予定の勉強会

読者登録と各種SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

VSCodeの地味だけど気に入っている設定(ブランチプロテクション編)

こんにちは。 週末向けに少しゆったりした内容でお送りします。 アドベントカレンダー16日目です。 今年はフロントエンドまわりであれこれ開発することが多かったので、振り返りを兼ねてこれからフロントエンド開発を始める方向けに入門編としてお送りしています。 最終日の25日には何かアプリケーションができていることが目標です。

今日の内容

開発している中でついうっかりmainやdevelopブランチにコミットしてしまったことはありませんか?
筆者はよくやらかしそうになる常習犯なのですが、やってしまった時はすごくがっかりしてしまいます。

Visual Studio Codeではそんな時に便利なブランチプロテクションという設定があります。

設定方法

.vscode/settings.jsonファイルを開き、次の内容を追加します。ファイルが存在しない場合は、新しく作成してください。

{
    "git.branchProtection": [
        "main",
        "develop"
    ],
}

meinブランチが有効になっている状態で何かファイルを変更して保存します。

設定前

設定する前にはこのように通常通りのコミットボタンが表示されています。

設定後

そのままコミットボタンを押した場合には、このように新しいブランチを作成するように促してくれます。この設定を有効にすることによって、うっかり直接コミットしたくないブランチにコミットすることを防いでくれます。

おわりに

前回紹介したランダムブランチと組み合わせることで、筆者みたいなうっかりさんでも誤ってコミットしてしまうことを防ぐことができます。 気になった方はぜひ使ってみてください。