とことんDevOps | 日本仮想化技術が提供するDevOps技術情報メディア

DevOpsに関連する技術情報を幅広く提供していきます。

日本仮想化技術がお届けするとことんDevOpsでは、DevOpsに関する技術情報や、日々のDevOps業務の中での検証結果など、DevOpsのお役立ち情報をお届けします。
主なテーマ: DevOps、CI/CD、アジャイル開発、コンテナ開発など

開催予定の勉強会

各種SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

これだけは知っておきたいDevOpsシリーズ - IaC

IaCとは「Infrastructure as Code」の略で、文字通りインフラの構成をコードによって管理し、専用の構成管理ツールによって自動的に構築を行う手法の呼び名です。

従来、サーバーの構築はインフラエンジニアによる手作業によって行われていました。しかし人間による手作業では

  • 効率が悪い
  • 作業者によって品質にばらつきが発生する
  • 人的なミスが起きうる

といった問題があります。しかしこうしたインフラの構成や構築手順をコード化することで、

  • 何度実行しても同じ結果が得られる
  • 人的ミスが起こらない
  • 自動化による作業効率のアップ

といった恩恵に与ることが可能になります。

またIaCのコードをGitなどでバージョン管理することで、特定のバージョンのインフラ構成を再現することや、意図しない変更の混入を防ぐことが可能になります。

従来のオンプレミス環境では、ハードウェアのキッティング作業が発生するため、どうしても人力に頼らざるを得ない部分がありました。しかしクラウド環境は、ネットワークの構築やサーバーの起動といった作業であっても、APIを通してソフトウェアから制御することが可能です。これはIaCと非常に相性がよく、現在ではインフラ構築のすべてをコード化、自動化することが可能になっています。