とことんDevOps | 日本仮想化技術が提供するDevOps技術情報メディア

DevOpsに関連する技術情報を幅広く提供していきます。

日本仮想化技術がお届けするとことんDevOpsでは、DevOpsに関する技術情報や、日々のDevOps業務の中での検証結果など、DevOpsのお役立ち情報をお届けします。
主なテーマ: DevOps、CI/CD、アジャイル開発、コンテナ開発など

開催予定の勉強会

各種SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

これだけは知っておきたいDevOpsシリーズ - テストの自動化

(テストには単体テスト、結合テスト、負荷テスト、セキュリティテストなど様々なテストが存在しますが、ここではコードの動作を確認する単体テストについて解説します)

人間が書くコードには、常にバグが混入する危険がつきまといます。これは人間が行う以上、避けることのできない問題です。しかしだからといって、バグのあるままソフトウェアをリリースするわけにもいきません。

そこで行うのがテストです。アプリケーションのロジック本体とは別に、そのコードが意図通りの結果を返すことを確認するためのコード(テストコード、略して単にテストとも)を記述し、このテストコードを実行することで、本来のロジックに間違いがないことを確認するのが一般的です。

正しく書かれたコードは、人間が都度手動で実行する必要はありません。そのためテストは、コードをバージョン管理システムにコミットした後、CI(継続的インテグレーション)の一環として、自動的に実行するのが基本となっています。